フラット35の金利推移を学ぶ

フラット35の金利推移について

フラット35の金利推移について フラット35の金利の推移はどのようになっていくのでしょうか、機構や景気をもとに推測できます。
フラット35に関わる住宅金融支援機構からの既発債情報によると、11月、機構債の表面利率を見ると0.41%となっていました。
このため、前月比ではプラス0.07%の利回りといえます。
また、12月の融資実行分であるフラット35の金利は、前の月よりも上昇する傾向があります。
そのため、今後の金利推移として、フラット35の最低金利は、次ようになると推測できます。
借入期間21年以上融資率9割以下で1.09~1.11%前後、9割超で1.53~1.55%前後となり、借入期間20年以下融資率9割以下は0.99~1.01%前後、9割超では1.43~1.45%前後になる予想されています。
確定値は月はじめに確定されていますが、フラット35としては、ひきつづき、過去最低水準での維持となる傾向です。
フラット35では、新発10年もの国債利回りと、機構債のローンチスプレッド、また、住宅金融支援機構・金融機関などの、利益分の金利の上乗せによって決定しているため、先に述べたような推移が予測できます。
今後しばらくは、最低水準での維持がつづく見込みです。

フラット35の金利傾向

フラット35の金利傾向 フラット35とは住宅ローンの長期間の返済期間でその間、金利が固定しているというイメージで考えれば、どんなものか理解できるでしょう。
実際の仕組みは住宅金融支援機構と銀行などの金融機関が協力して、このようなローンを可能にしているのです。
ローン債権を金融機関が住宅金融支援機構に売却することで、金融機関だけでは難しい、長期の返済不能などの事故の危険を負担しないで済みますし、固定金利固有の危険も回避できます。
フラット35は35年と言う長い期間、固定金利ですから、金融状況や傾向を検討しておく必要があります。
ここが、フラット35を利用するか、金融機関の住宅ローンを利用するかの分かれ目の一つと言えます。
金利傾向が上昇傾向にあると予想できる場合は、ローンを組むときに、多少支払利息が高くてもフラット35を利用することが長い目で見れば有利でしょう。
一方、下落傾向にあると予想できる場合は、多少の不便があっても銀行などの金融機関から変動金利を使った住宅ローンを利用することが有利でしょう。
しかし、住宅ローンを組むのに、どんな条件を求めるかは様々ですので、いろいろな場合を想定して、シュミュレーションしたうえで、専門家と話し合って決定するのが良いでしょう。

オススメのフラット35の金利関連リンク

フラット35の金利に関する情報をまとめています。

フラット35 金利